青い鳥

  • 2019.04.27 Saturday
  • 22:43

JUGEMテーマ:児童文学

 

『青い鳥』 メーテルリンク

 

(登場人物)

 

チルチル・・・兄

ミチル・・・妹

ベリリウンヌ・・・魔法使い

お父さん

お母さん

ベルランゴー・・・隣のおばあさん

ベルランゴーの娘

チレット・・・猫

チロー・・・犬

きじばと

妖精たち

 

(物語)

 

チルチルとミチルはクリスマスの日プレゼントはなく

向かいの家の子供たちを羨ましく思ってました。

二人の家はとっても貧しかったからです。

 

夜、お母さんが寝静まっている二人を確認すると

魔法使いのベリリウンヌがやってきて

娘の病気を治すために青い鳥が必要だから探してほしいと頼まれる。

 

二人は魔法使いに頼まれて

青い鳥を探すために冒険に出かけます。

 

ベリリウンヌは二人の為にダイヤモンドのついた帽子と

お供に猫、犬、水、火、光、牛乳、さとう、パンの精たちを授けます。

 

「思い出の国」では亡くなったおじいさん、おばあさん、兄弟たちに会います。

「夜の御殿」ではいろんな種類の不幸を目の当たりにして

「森」では父親が木こりという事で木々たちから目の敵にされ

「月夜の墓地」では恐怖と戦い

「幸福の花園」ではこの世には様々な幸福があることを知り

「未来の国」ではこれから生まれようとする子供たちと会話します。

 

どこにも青い鳥はいるのですがその場所を離れると

青い鳥は青ではなくなってしまうのでした。

 

チレット、チロー、妖精たちと別れをつげ

結局1年かけて旅をした二人は青い鳥を見つけられませんでした。

 

家に戻り眠る二人、お母さんに起こされます。

二人は夢を見ていたのでした。

しかし、起きて部屋を見渡すといつもと同じなのに

森の美しさや光のまぶしさに感動する二人。

そしてお父さんやお母さんに感謝するのでした。

 

すると隣の家のおばあさんでベルランゴーが訪ねてきます。

病気の娘のためにきじばとを譲ってくれないかというのです。

チルチルとミチルはベルランゴーが魔法使いのベリリウンヌに

そっくりなので驚きます。

 

チルチルとミチルはきじばとを飼ってましたが

見向きもせず放ったらかしにしてたのでした。

しかし、今見ると、きじばとが青色に変わっています。

 

二人はベルランゴーの娘にきじばとをプレゼントします。

歩けるようになった娘が二人にお礼を言いに訪ねてきます。

その瞬間に青い鳥は逃げ出してしまいました。

 

本当の幸せは家の中にあったことを知ったチルチルは

飛んでいく青い鳥を眺めていました。

 

(感想)

 

これもすっかりどんな話か忘れてました。

やはり興味深かったのは「幸福の国」の部分です。

 

最初

太った幸福たちが二人の前にやってきます

金持ちの幸福、地主の幸福、酒を飲む幸福、何も知らない幸福

もののわからない幸福、何もしない幸福、眠りすぎる幸福

それらはすべて偽物で正体がばれると「不幸のほら穴」に帰っていきます。

 

「幸福の花園」にいる本物の幸福は

健康である幸福、きよらかな空気の幸福、両親を愛する幸福

森の幸福、昼間の幸福、春の幸福、夕日の幸福、星の光りだす幸福

雨の日の幸福、冬の火の幸福、むじゃきな考えの幸福、霧の中を裸足で駆ける幸福です

 

これら本物の幸福はチルチルとミチルはすでに持っていました。

しかし二人はまだ気づかないんですね。

 

特に霧の中を裸足で駆ける幸福ってなんか表現がいいです。

 

児童文学なんですけど深い物語ですね

三匹のこぶた

  • 2019.04.20 Saturday
  • 00:29

JUGEMテーマ:児童文学

 

『三匹のこぶた』

 

(登場人物)

 

ぶたのお母さん
三匹のこぶたたち
オオカミ

 

(物語)

 

ぶたのお母さんと3匹のこぶたが暮らしていました。

しかし家が貧しかったためこぶたたちは独立することに。

一匹目のこぶたは麦わらの家を作り、二匹目のこぶたは木の枝で家を作ります。

しかし、どちらもオオカミにフーっと吹き飛ばされ

二匹とも食べられてしまいます。

 

3匹目のこぶたはレンガで家を作ります。

オオカミがフーっとやっても家は壊れない。

 

オオカミは仕方なく嘘をついてこぶたを誘い出そうとするが

どれも失敗してしまいます。

 

怒ったオオカミはこぶたの家の煙突から家の中に入ろうとします。

しかし、こぶたは暖炉で鍋いっぱいにお湯を沸かし始めます。

煙突から降りてきたオオカミは鍋の中に落ち死んでしまいます。

 

そしてこぶたは安全に幸せに暮らしました。

 

 

(感想)

 

こんな話だったっけ。オオカミって熱湯で死ぬのか。

何気に残酷な話ですね

 

34丁目の奇跡

  • 2018.12.20 Thursday
  • 00:17

JUGEMテーマ:児童文学

 

『34丁目の奇跡』 ヴァレンタイン・デイヴィス

 

(登場人物)

 

クリス サンタクロース
ドリス・ウォーカー デパートの人事部長
スーザン ドリスの娘。6歳
フレッド・ゲイリー 若手弁護士

 

(物語)

 

ドリスは一人娘のスーザンを育てているシングルマザー。

現実主義のドリスに育てられたスーザンはまだ6歳なのにサンタなどいないと言い張る。

 

毎年ドリスのデパートではクリスマスの催しとしてサンタのパレードを行っている。

泥酔したサンタ役の代わりに、ドリスは出会ったばかりのクリスに代役をお願いする。

 

自分の事を本物のサンタだと主張するクリスはイベントでも子供たちから大人気。

子供たちが欲しがるプレゼントがなければ、親に別のデパートを紹介する始末。

はじめデパートの主任は別の店を紹介するなんてと激怒したが

この事が良心的だと評判になりデパートはますます繁盛する。

すっかり気を良くしたデパートの社長はクリスを気に入る。

 

これをよく思わない者たちにクリスは陥れられ

自分の事をサンタクロースと信じ込んでいる頭のおかしい人として囚われてしまう。

 

そこでドリスに思いを寄せている若手弁護士のフレッドが裁判を請け負う。

フレッドは何度かドリスとうまくいくよう、クリスに手助けしてもらっていたのだった。

 

裁判が始まり、裁判官は頭を痛めていた。

サンタクロースはいないとすると子供たちの夢を壊してしまう

しかし、サンタクロースなど存在するわけがない。

裁判はクリスに不利なように進んでいくのだが

最終でフレッドが提出したのはサンタクロース宛てに出された手紙の山だった。

そこには郵便局の捺印がしてあった。

 

国の機関が認めた郵便物がクリス宛に届けられたのだった。

これは国がクリスをサンタだと認めた何よりの証拠だとして、

フレッドは見事に裁判に勝ち、クリスは釈放される。

 

クリスマスの日、スーザンはクリスにあるお願い事をしていたのだった。

フレッドが新しい家族になること、そして家族が住むための新しい家が欲しいこと。

クリスマスの日、ドリスとフレッドとスーザンの3人はクリスの計画により

新しい家を見学に来る。そこはスーザンが夢に見たとおりの家だった。

ドリスとフレッドはその家に住むことを決めるのだった。

 

 

(感想)

映画では裁判の最中にスーザンが裁判官に1ドル紙幣を手渡して

その1ドル紙幣には「我々は神を信じる」と印刷されていて

目に見えないものを国が信じている。という事はサンタも存在する!となってました。

 

また映画の方では新しい家は会社がいくらか負担するとかいう設定だったかな。

映画も原作もどちらもほんわかしててクリスマスにはぴったりの話です。

個人的には映画の方がよく出来ていると思いました。

 

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM